車中泊地はRVパーク道の駅阿武町。温泉もあって最高です

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

道の駅 潮彩市場防府」で昼食を楽しんだ後は、産直市場と道の駅巡りをしながら萩方面へと移動。

途中立ち寄ったのは、「つつじ農産物加工販売所」「村田蒲鉾総本店」「丸和 東萩店」です。


道の駅 萩往還」にも立ち寄る予定でしたが、時間が押していたので諦めました。こういう時、スプレッドシートで旅の予定を立てておくと便利ですね。

しっかり計画を立てた車旅。予定通りキャンプ場と温泉へ

さて、車中泊地に辿り着く前、最後に寄り道をしたのは此処、「道の駅 萩しーまーと」です。

道の駅萩しーまーと_190223

車旅トラベラーには馴染み深い道の駅ではないでしょうか。

海産物が豊富に揃っているので、いつ行っても賑わっている道の駅。日本海で捕れたサザエなんかも安いです。

そしてこの時期は、河津桜も楽しむ事ができます。

道の駅萩しーまーとの河津桜_190223

この日(2月23日)はちょうど、見頃を迎えていました。

こちらも多くの見物客で賑わっていましたが、ちょうどフレームから人が消えた瞬間にパシャリ。なかなかの写真が撮れたのではないかと思います。

という事で、この後はいよいよお楽しみの車中泊地へと移動。

日本海温泉「鹿島の湯」_1_190223

道の駅 阿武町」までやって来ました。

日本海温泉「鹿島の湯」を併設している道の駅。早めに到着し、温泉にでも入ってゆっくりしようと思った次第です。

通常、道の駅の駐車場に長時間駐めて、その後車中泊までするとなるとかなり気が引けますが、こちらの道の駅なら安心。

RVパーク道の駅阿武町にWalk2_190223

車中泊が公認の「RVパーク道の駅阿武町」が整備されているからです。

当日の13:00からチェックイン可能で、チェックアウトは翌日の10:00まで。チェックインさえしてしまえば、気兼ねなく駐車&車中泊ができます。

利用料金は1泊1,000円。(電源は別途1時間100円)

RVに駐めたWalk2で寛ぐ_190223

これで長時間の駐車、そして車中泊が公認になるのなら安いものではないでしょうか。少なくとも、周りの目が気になる私にとっては有りがたいサービスです。

この日、4台分あるRVパークのスペースは満車に。以前に比べ、確実に需要が増えてきている事を実感します。

早めに到着し、車内でテレビでも観ながらマッタリと。

日本海温泉「鹿島の湯」_2_190223

その後、敷地内にある日本海温泉「鹿島の湯」で入浴&サウナを楽しみました。入浴料金は500円で、各種割引制度は無し。10:00から21:00の間で入浴可能です。

脱衣所のロッカーは無料でドライヤーも無料。シャンプーとリンスが別々で、ボディソープに加え、石鹸も備え付けられています。(素晴らしい!)

洗い場の数が6箇所と多くなく、サウナもMAX7名程度(水風呂は3名程度)と小ぶりですが、車中泊地でゆっくりと温泉に浸かれるのって最高。サウナ好きの私にとっても嬉しい限りです。

地ビールとハーバリウム_190223

お風呂から上がったら、温泉施設から徒歩2分以内のところ(RVパーク)に駐めてある、キャンピングカーの車内でギンギンに冷えた地ビールをグビッと。

堪りませんな。

因みにこの地ビールは、こちらの道の駅、「道の駅 阿武町」で購入したものです。

温泉に浸かって、のんびりと滞在できる「RVパーク道の駅阿武町」。そこはまさに、旅先のオアシスです。(有料のRVパークの場合)


-道の駅めぐりの車旅。車中泊は「RVパーク阿武町」- (2019/02/23)

↓どれか1つクリック頂けると励みになります↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
※パワーを有難うございます!