オシャレ度アップ!焼桐と100円グッズを駆使しカウンターを製作

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

少し前の記事で、「キャンピングカーのWalk2の枕元に、ワイヤーネットを利用して小物置き場を作った」というのを書きました。

実はその後に、小物置き場をさらにグレードアップさせていたのです。


実用性では何の問題もなかったワイヤーネットの小物置き場。ですが、ワイヤーなだけに見た目があまり美しくありませんでした。

手間をかけずにDIY!キャンピングカーの枕元に小物置き場を作る

そこで、実用性プラス見た目も良くしようとしたのが、今回のグレードアップというかDIYになります。

アイデアを得たのはこれまたカインズで買い物をしていた時。(ホームセンターでアイデアが浮かぶ事はよくあります)

DIYコーナーを歩いていると、「焼桐工作材」という板が目に留まりました。

焼桐工作材_190315

「これ、棚として使ったらちょうど良さそう」と直感。600 x 9 x 90(mm)というサイズは、ワイヤーネットを使った枕元の棚にうってつけです。

200円ちょっとと安く、見た目がお洒落なのもナイス。焼桐なので、別途塗装をする必要もありません。(しかも軽い!)

しかしこれをどうやってワイヤーネットに取り付けたらよいのか・・・

後日、今度は100円ショップのダイソーで買い物をしていた時に閃きました。

「そうだ! ワイヤーネット用の棚をそのまま使えばいいんだ!」と。

クロームメッキワイヤー棚_190315

ちょうど、「クロームメッキワイヤー棚(L)」という、平たい棚が見つかりました。ボックスタイプのものはよく見かけますが、平たいタイプは珍しいですね。

サイズ的にも、カインズで見つけた板にちょうど良さそうです。

で、この2つをどうやって組み合わせるのかというと?

「タッカ」を使います。

タッカで固定_1_1190315

巨大なホッチキスのような道具ですね。これもカインズで購入して、500円弱。

9mmという厚さの板にワイヤー棚を固定しようとした場合、ネジ等を使うと板の裏側にネジが出たりとか、見た目の問題がでてきます。

でも「タッカ」を使えば、そんな問題は全て解決。裏側からパシン!パシン!と打つだけで固定でき、表側に芯は出てきません。

タッカで固定_2_1190315

我ながらナイスアイデア! 薄い板材に物を固定するにはもってこいですね。

強度を確保する為、6箇所ほど打っておきました。

そして完成した棚がこちら。

ワイヤー桐棚の完成_190315

なかなか良いのではないでしょうか。

「タッカ」を使ってちょっとだけ加工をしていますが、手間は殆どかかっていません。そして材料費も、トータルで300円とちょっと。(工具代は除く)

「手間をかけずに安く」というDIYスタイルが、ここでも継承された形となります。

それでは早速、キャンピングカーのWalkに設置したワイヤーネットに取り付けてみる事にしましょう。

ワイヤー桐棚をWalk2のワイヤーに_190315

おお! 素晴らしいですね!

明らかにワイヤーの小物入れよりはお洒落です。

横幅が600mmと広いのも良いですね。

ワイヤー桐棚をWalk2のワイヤーに_2_190315

スマホやマグカップ等が問題なく置けます。

奥行きが90mmというのも絶妙なサイズ。これ以上大きいと邪魔になりますし、小さいと実用性がなくなります。

ワイヤー桐棚を下から見る_190315

小物入れどころか、ナイスなカウンターテーブルを設置する事ができました。

ベッドに寝転がって下から見ても圧迫感は無し。それでいてサッと手が届く距離感が素敵です。

結束バンドで固定_190315

ワイヤーネットとベースのワイヤー棚は、結束バンドで固定(3箇所)。グラつきは無く、強度もバッチリです。

という事で、調子に乗ってオシャレ感をアップさせてみる事にしました。

フェイク植物とLED電球を置く_190315

ダイソーで購入した108円のフェイク植物をワイヤーに固定。そしてその隣に、同じくダイソーで購入した108円のLEDライトを配置。

これまたお洒落な感じになりましたね。

100均グッズという安っぽさは皆無です。

ムーディーな桐棚_1_190315

フェイク植物を配置するまでは、上部に伸びた白いワイヤーネットが目障りでしたが、フェイク植物を配置する事で気にならなくなりました。

ここにマグカップを置き、お酒なんか飲んだら最高ですね。

ムーディーな桐棚_2_190315

寝る前にメインテーブルを片付けたらマグカップ等を置く場所がなくなりますが、これなら寝る直前まで枕元に置き、飲む事ができます。

素晴らしい!

ムーディーな桐棚_3_190315

因みに、カウンターの上に仮にぶら下げているのも、ダイソーのLED電球です。(電球色で108円)

これが100円?ダイソーの電球型LEDライトが意外と明るく使える!

取り敢えず、モバイルバッテリーで点灯させています。

焼桐の棚にする事でカウンターっぽくなり、オシャレ度がアップ。そして実用性もアップ。

超簡単なDIYで、最高の使い勝手を手に入れる事ができました。

↓どれか1つクリック頂けると励みになります↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
※パワーを有難うございます!

One Reply to “オシャレ度アップ!焼桐と100円グッズを駆使しカウンターを製作”

コメントは受け付けていません。