軽キャンにサファリルーム風屋台!暖か空間で焼肉も可能

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

軽キャンピングカーのガソリンを満タンにし、スーパーマケットで買い出しを済ませたら車中泊地に到着。

2泊目の車中泊地は、岡山県と広島県の県境近くにあります「経ヶ丸オートキャンプ場」です。今回で2度目の利用。


バンガローの他にオートサイトが充実したキャンプ場で、オートサイトは全て区画サイト。【きじ】【うぐいす】【めじろ】の3タイプから選べます。

前回は区画サイトでも広場型で一番リーズナブルな、「めじろ」サイトを利用させて頂きました。

経ヶ丸オートキャンプ場で愉しむ!アウトドア&インドア

どのタイプを選んでも、オプション料金の500円で電源が使えるのが良いですね。「めじろ」サイトであれば、1泊3,500円+電源使用料+ゴミ処分料(100円)となります。(合計で4,100円)

もちろん、電源を使わないのであれば電源使用料は不要です。

で、今回選んだのは「きじ」というグループ向けのサイト。グループ利用がなければ一番プライベート感を確保しやすいだろうと思い、こちらにしました。

軽キャンのサファリルーム_1_190113

思った通り、ロータリーに設けられた4つのサイトで利用者は私達だけ。これなら周囲に気兼ねなく車中泊キャンプを楽しめそうですね。

「めじろ」サイトは1泊4,500円。それプラス、電源使用料+ゴミ処分料という事になります。(合計で5,100円)

経ヶ丸オートキャンプ場に軽キャン_190113

決して安くはないですが、快適度&プライベート感重視が今回のテーマ。その対価と思えば、高くはありません。

この時期、「めじろ」サイトを使う人は少ないみたいで、私達が割り当てられたサイトは管理棟を下りたすぐのところ。管理棟の裏にはトイレや水場があるのでとても便利な立地でした。

しかも!

管理等裏の水場は温水_190113

管理棟裏の炊事棟って、温水も出るんです。素晴らしいですよね。

この時期、洗い物をすると手が死ぬほど冷たくなります。ですが、温水が出るのであればそんな思いをする事なく、快適に車中泊キャンプを楽しめます。

その車中泊キャンプをさらに快適にするのは、自作のサファリルーム風シェルター。サイドオーニングを利用して取り付けられるように加工しています。

軽キャンのサファリルーム_2_190113

若干の隙間はできますが、フルクローズできるので冬場はとても重宝する装備。軽キャンの車内と一体化できるのが良いですね。

取り付けには2本の突っ張り棒と、繰り返し使える結束バンドを使用。シェルターのパネルは、厚手のビニールシートにハトメ加工を施したものです。

作り方は、私の過去ブログをご覧頂ければと思います。

そんなに難しくはないので、誰にでも作れるはず。ただ、サイドオーニングを利用するので、それは必須という事になります。

ビニールシートを使って作るため、費用は激安。使わない時はそれほど場所を取らないというのも良いですね。

サファリルーム内部_190113

それでいて、いざ設置してしまえば軽キャンのサイドは暖かルームに。

余程の強風でなければ問題なく使えますし、風を遮断してくれるので想像するよりも暖かいです。

軽キャンの車内とシームレスに繋がるというのもナイス。

軽キャンの車内_190113

軽キャンのスライドドアは基本、開けっ放しにしておいてOKです。(寝る時は閉めます)

こうする事で、シェルター内で食事をしたりする時も、軽キャンの車内にある調味料などをすぐに取る事が可能。これ、かなり便利で楽ちんです。

サファリルームから軽キャンを見る_190113

「軽キャン」+「サファリルーム風シェルター」でなんちゃってツールーム仕様に。広々というには語弊がありますが、こぢんまりとした屋台感覚が個人的には気に入っています。

風を遮るだけでも体感温度は上がるけど、それだけでは寒いので暖房を焚くことに。

ジュニアヒーターで暖房_190113

カセットガスを燃料とする「ジュニアヒーター」を、私とカミさん、それぞれの足元に置きました。

それプラス、車内はFFヒーターを稼働させればバッチリ。かなり暖かい「屋台」が完成します。

椅子の横にジュニアヒーター_190113

この日はこの空間で焼肉。

イワタニの「やきまる」を使えば、スモークレスで楽しむ事ができます。

因みに、車両の下回りに対する防風対策はこんな感じに。

下回りの防風_190113

サファリルームを作った切れ端を取り付け、風が通過しないようにしています。

この部分を通る風って、結構冷たいんですよね。

車両へのビニールシートの固定は、100均の「強力マグネットフック」を使えばOK。

強力マグネットフックで固定する_190113

色々試しましたが、これが一番よくくっつきますね。よほど強い力を加えなければ、外れる事はありません。

そして、LED電球のケーブルはサイドオーニングのアーム沿いに通して。(ベルクロで固定)

オーニングのアームに電線を固定_190113

これで、屋台焼肉の準備はOKです。

想像力が膨らむキャンピングカー遊びって、本当に楽しいですね。


-軽キャンで2泊3日の車旅。湯YOUパークにキャンプ場- (2019/01/13)

↓どれか1つクリック頂けると励みになります↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
※パワーを有難うございます!