産直市やご当地スーパー、RVパークにも立ち寄った帰路編

土日を利用した、前乗り車中泊を含む2泊の車旅。瀬戸大橋で香川県に渡った後、愛媛県まで移動してから1泊。その後、しまなみ海道で大三島まで行き、そこからフェリーで広島まで戻るいつものルートを選択しました。

毎度おなじみのルートなので、ここで改めて書くことが思い浮かばないのですけどね(^^; 一応、帰路編という事で残しておこうと思います。


先ずは、「JAおちいまばり」の産直市、「さいさいきて屋」に寄り道。中四国地方で最大級の産直市は、新鮮な野菜はもちろんの事、鮮魚や惣菜類も豊富に揃っています。

広島への帰り際、こちらで買い物をするのがいつもの楽しみ。この時点で、車の冷蔵庫がパンパンになってくるのは言うまでもありません(笑)

さいさいきて屋_171203

産直市にしては珍しく、お肉屋さんも充実しているんですよね。

県内産の鳥皮などが安くあったりすると、「これ、今度のキャンプで使ってみようかな」と買ってみたり。

ついつい、買いすぎてしまうのが玉にキズです(笑)

来島海峡_171203

で、「今治インターチェンジ」から「しまなみ海道(西瀬戸自動車道)」に乗ったら、「来島海峡サービスエリア」へ。

ここに来ると外せないのが、外の売店で販売されている「宇和島屋の無添加じゃこ天(170円)」です。

宇和島屋のじゃこ天_171203

注文してからの揚げたてで、身がプリップリ!

適度なジャリジャリ感が楽しめるのも、「宇和島屋」のじゃこ天の良さですね。

間違いなくこのじゃこ天は、私の中でベスト3に入っています。

そして、再び車を走らせた後は一旦、「大島南インターチェンジ」で一般道に降りて「ライフショップ大島店」へ。

ライフショップ_171203

フェリーに乗船する前の、最後の買い物を楽しむ事にしました。

「ライフショップ」は、今治市にあるご当地スーパーのチェーンの一つ。「今治デパート」という会社が運営されています。

こちらで売られている「せんざんき(唐揚げ)」が、美味しいんですよね。なのでわざわざ、一般道に降りて立ち寄ったというわけです。

次の「大島北インターチェンジ」から「しまなみ海道」に乗ってしまえば、時間的なロスはそれほど気にならず。いつも大体、立ち寄るようにしています。

そして、「大三島インターチェンジ」からは再び一般道へ。

新たな「RVパーク」が大三島に出来たとの事なので、ちょっとだけ寄ってみる事にしました。RVパーク しまなみ海道 大三島

RVパークしまなみ海道大三島_171203

海を目の前にした立地で、そこからの景色はなかなか。

ただ、舗装のされていない地面は好みの分かれるところかもしれません。

どちらかというと、駐車場というよりは海沿いの空き地といった感じ。それほど広くないといった印象も受けました。

でもまあ、電源込みで1,500円で車中泊できるのなら良いのではないでしょうか。

フェリーではWalk2で171203

そして、大三島からは「大三島フェリー」に乗って広島県へ。

土日祝日は休日割引が適用され、6mまでの車両は一律1,650円と安いのが「大三島フェリー」の魅力。同乗者の運賃もコミコミなのですから、激安ですよね。

最近は「うさぎ島」の利用者が増えた影響で、定時運行が厳しくなっているようですけど。この日は10分遅れ程度と、まずまずでした。

乗船したら、客室には降りずにマイキャンカー内でリラックスタイム。混雑する船内より、ゆっくりとできるのが良いですね。


-こんぴらさんへお礼参り&グルメ楽しむ車中泊旅- (2017/12/03)

※いつも有難うございます。
↓クリックが、ブログを書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ