穴場のほととぎす遊園!電波が入らないのでBS・CSを設置

3連休の中日。どこのキャンプ場も予約で一杯だったのですが、「そうだ!ここがあるかもしれない!」と電話をしたキャンプ場は、当日なのに奇跡的にも空きがありました。

そう言えば以前、盆休みに急遽思い立ってキャンプに行こうとした時、同じようにどこも一杯だった中、そのキャンプ場だけ空きがあってキャンプを楽しめた事があります。


そのキャンプ場の名は、「ほととぎす遊園」。広島県は安芸高田市にあり、園内にはキャンプ場の他、バンガローもあるレジャー施設です。

キャンプ場の炊事棟は屋根が無く簡易的ですが、トイレにはシャワー室を併設(コインタイマー式)。意外と穴場だったりします。

ほととぎす遊園キャンプ場_180923

キャンプ場は「テント広場」「常設テント」「オートキャンプ場(フリーサイト)」の3タイプがあって、オートキャンプ場は車の乗り入れが可能。それでいてリーズナブルなのが嬉しいですね。

オートキャンプ場の利用料金は、車1台1泊1,000円。入場料が1人200円、テントとタープはそれぞれ1張り1泊700円となっています。

サイドオーニングとタープを広げて_180923

つまり、テントを張らずにサイドオーニングとタープのみを張る車中泊キャンプの場合、夫婦2人だと、車1台1,000円+入場料400円(200円x2)+タープ1張700円の、合計2,100円でオートキャンプが可能。安いですよね。

電源はありませんが、この季節ならサブバッテリーがあるのでノープロブレム。テレビを見たり、冷蔵庫を稼働させるくらいなら何の問題もありません。(照明も)

ダブルテレビ_180923

ただし、こちらのキャンプ場は電波状況が悪いので要注意。地デジが入らないだけでなく、携帯電話各社の電波も届きません。(Softbank、Docomo共に不可。auは未確認)

3Gのガラケーはもとより、LTEが繋がるスマホやモバイルルーターも軒並み圏外でした。ですので、音楽や動画のストリーミングサービスを楽しむ事はできません。

サイドオーニングの下で寛ぐ_180923

まあ、キャンプを楽しみにきている訳ですので、電波が届かなければ我慢すれば良いだけの話なのですけどね。この日だけはそうともいかない理由がありました。

カープのセリーグ優勝がかかった日だったからです。どうしても試合をリアルタイムで確認したい!という思いがありました。(ラジオの入りも悪い)

ディーガプラス本体_180923

そこで自宅から持ってきていたのが、ハードディスクレコーダー内蔵のワイヤレステレビ「ディーガプラス」。コンパクトな本体(上の写真)と、ワイヤレスで使えるテレビがセットになっており、キャンプとの相性が抜群です。

チューナーが内蔵されていますので、地デジはもとよりBSやCS放送を楽しむ事が可能。私はそのBSとCSに目をつけました。

ワイヤレステレビ_180923

BSやCSであれば? そう、パラボラアンテナさえ設置すれば、日本全国どこででも放送を受信する事が可能。つまり、そこで野球中継がされていれば、試合を観る事ができるのです。

この日は、カープ戦が「J SPORTS 1」である事を自宅で確認。スカパー!で追加契約までするという、準備万端ぶりです。

BSアンテナとキャンピングカー_180923

パラボラアンテナも持ってきていました。

どうです? 結構カッコいいでしょう?

まるで宇宙と交信しているかのようです。まあ、交信しているのはある意味間違いでは無いのですが。(笑)

パラソルスタンドでBSアンテナ_180923

パラボラアンテナを取り付けているポールは何と、「パラソルポール」。それを支えているスタンドは、BUNDOKの「パラソルスタンド」です。

まるで常設のように決まっていますよね。我ながらナイスアイデア。それぞれを外せばコンパクトになり(パラボラの大きさはそのままだが)、車での持ち運びも楽々です。

この日はこの装備内容で車中泊キャンプ。詳しい内容はまた、次回の記事で綴りたいと思います。


-ここは穴場!ほととぎす遊園で車中泊キャンプ- (2018/09/23)

ブログランキング・にほんブログ村へ

押して頂けると、ブログを書く励みになります