広い!囲炉裏完備の「いろり庵」(離庵)は庭でBBQもOK!

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

両親たちを連れてのプチ旅。宿泊先に選んだのは、「江の川カヌー公園さくぎ」にありますコテージ、「いろり庵」です。

バーベキューができて6名が泊まれる場所。そしてなるべく低料金な宿を探したところ、こちらのコテージがヒットしました。


コテージは定員が4名(最大利用人数6名)の「本庵(第1コテージ)」と、定員が8名(最大利用人数14名)の「離庵(第2コテージ)」の2種類。6名なので本庵でも良かったのですが、せっかくなので広い離庵を選択しました。

チェックインは15時から。チェックイン時にシーツを受け取り(寝具へのセットはセルフ)、必要な食器類や包丁などは管理棟で借りられるようになっています。

で、私達が借りたその広い方の「離庵(第2コテージ)」はこんな感じ。

江の川カヌー公園さくぎ_いろり庵_離庵_180519

この一棟が丸ごと、一組分のコテージとなっています。(全部で3棟)

さすがは最大利用人数14名のコテージ。「すごく大きいなあ」といった印象ですよね。これを今回、6名で贅沢に使わせて頂こうという事です。

「離庵(第2コテージ)」は「本庵(第1コテージ)」を2つくっつけた造りになっていて、建物内は左右対照のレイアウト。

いろり庵_離庵の室内_1_180519

端から端まで、驚くほどの広さを誇っています。

上の写真からその広さが伝わりますでしょうか。人が写っていないので比較対象がなく分かりにくいですが、手前と一番奥に写っている和室が12畳と言えば、その広さが伝わるかもしれません。

電子レンジや炊飯ジャー、電気ポットや冷蔵庫が完備されたキッチンは、建物内に2箇所あり。

いろり庵_離庵のキッチン_1_180519

とにかく広く、そして使い勝手が良好です。

この内容で8名までなら28,000円という宿泊料金なのですから、かなりリーズナブルですよね。

6名で割ると、1人4,700円くらいの計算になります。

いろり庵_離庵の囲炉裏_1_180519

「いろり庵」という名前だけあって、建物内には囲炉裏を完備。これは実際に使う事ができ、炭火を置いて鍋料理などを楽しむ事ができるようになっています。(ただし、煙や脂のでるBBQ等は室内では禁止)

素晴らしすぎますよね。

この日は暖かかったので囲炉裏は使いませんでしたが、寒い季節に囲炉裏を囲んで鍋料理って最高ではないでしょうか。囲炉裏にかけられる鍋もキッチンに用意されていました。

いろり庵_離庵のテラス_180519

で、建物内だけではなく、建物の外でも楽しめるのがこちらの「いろり庵」の素晴らしいところ。

ちょっとした雨を凌ぐ事ができるテラスが備わっていて、その外側にはバーベキューができる庭も広がっています。

いろり庵_離庵の庭_2_180519

大人6名くらいが座れる椅子とテーブルも完備。道具さえ用意してくれば、こちらで楽にバーベキューを楽しむ事ができるようになっています。

もちろん、「離庵(第2コテージ)」は「本庵(第1コテージ)」を2つ繋げた造りなので、この広さの庭と椅子やテーブルがもう1セット備わっています。

さすがに一箇所だけで十分でしたけど。

いろり庵_離庵の庭_1_180519

庭の奥行きとしてはそれ程でもありませんが、3m角までのワンタッチタープであれば設営する事が可能。

持参した、コールマンの「インスタントバイザーシェード/M」がジャストフィットでした。

コテージの庭にタープ_180519

このバイザーシェードは、一般的なワンタッチタープに比べて風に強いのが特徴。横に折り返しの幕が無いので、受けた風がそのまま抜けるような造りになっています。

こういった高台での使用にピッタリですね。ペグダウンしておけば安心です。

コテージの庭にタープ_2_180519

時間帯的には西陽が強かったので、日よけという意味ではあまり機能しませんでしたけど。

バーベキューは夕方から。その頃には日差しが落ち着くので、何の問題もありません。

タープにLED電球_180519

タープを設営した理由は日よけよりはむしろ、スペースとしての安心感を得たかったから。

タープの天井には、高輝度のLED電球(電球色)を2個セットしました。これで暗くなっても大丈夫です。

なお、コテージ内には広くて綺麗なバスルームもあります。

コテージのお風呂_180519

「離庵(第2コテージ)」であれば、そのバスルームも2箇所。2家族で利用したり男女に分かれて利用したりと、便利な使い方が色々と考えられます。

これで一人あたり5,000円以下の宿泊料金はやはりリーズナブルですよね。

いろり庵_離庵の室内_2_180519

囲炉裏やテレビも2セットあり。6名だと、無駄に広いです。

この日は相撲を見るグループと、野球を見るグループに分かれて夕方までの時を自由に過ごしました(笑)

因みに、今年の4月に入浴施設の「くまみ湯」が敷地内にオープン。

くまみの湯_180519

コテージ宿泊者であれば、この「くまみ湯」に1回だけ無料で入浴できる特典が付いています。(チェックイン時に入浴券を頂けます)

営業時間は13:00から21:00。(GWや夏休みは10:00~) もちろん、利用させて頂きました。

コテージ宿泊者無料入浴券_180519

まだ出来たばっかり。温泉ではありませんが、全てが新しくて綺麗。足を伸ばして浸かれるお風呂は、やはり極楽ですね。

なお、こちらの入浴施設はコテージ宿泊者以外でも350円で利用可能。「江の川カヌー公園さくぎ」にはオートキャンプ場もありますから、キャンプの合間に利用させて頂くのも良いですね。(オートキャンプは電源付きで一泊2,000円)

以上、コテージ「いろり庵」のご紹介でした。(自分たちが利用する前、ネット上を探しても詳しい情報があまり見つかりませんでしたので、できるだけ多くの写真とともに掲載させて頂きました)


-敬老会2018は「いろり庵」でBBQ!神楽観劇も- (2018/05/19)

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

押して頂けると、ブログを書く励みになります