N-VAN+カーサイドシェルターで快適な車中泊キャンプを!

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

新しく購入したogawaの新製品、「カーサイドシェルター」の試し張りをする為、N-VANとフリードスパイクの2台で「もみのき森林公園オートキャンプ場」を訪れました。

こちらのキャンプ場はなんと、オートサイトであれば車2台まで追加料金無しで横付けが可能。2台で車中泊キャンプを楽しむには、もってこいなのであります。


因みに、タープとテントはそれぞれ一張まで。それ以上張る場合には、追加料金がかかるようになっています。

という事で、現地に到着したら早速、サイトのセッティングを開始。荷物を下ろしつつ、車中泊態勢を整えていきました。

今回の車中泊キャンプで道具を積載してきたのは、N-VANのみ。「カーサイドシェルター」こそ張りますが、テントは張らないので荷物は少なめですね。

先ずは、荷物を下ろして広くなったN-VANのフロアをベッドメイク。寝床を形成するのは、コーナンオリジナル商品の「省スペース敷布団」です。

N-VANに車中泊ベッドを!コーナンの「省スペース敷布団」

これ、一人用の車中泊ベッドにもってこい。折り畳んでおけば自宅での収納に困りませんし、展開してフロアに敷けば、そこそこのクッション性が確保されます。

幅、長さともに一人車中泊にうってつけ。N-VANでは無理ですが、2つ並べて敷けば二人での車中泊でも使用できそうです。

そしてもう1台、フリードスパイクの方はというと。

こちらは普段からベッドメイク済み。なんと、カミさんはこの状態でフリードスパイクを通勤に使っています。

昼休みなど、お弁当を食べたりお昼寝などにも重宝するスペース。

フリードスパイクに快適な車中泊ベッドを!設置方法など

夏場は無理ですが、今の季節などは調度良いですね。バンブー製のテーブルは通常、折り畳んでいます。

そのフリードスパイクと、N-VANの2台を縦列で並べて車中泊キャンプ。車を2台横付けできるオートキャンプ場は、意外と少ないかもしれませんね。

そういった意味でも「もみのき森林公園オートキャンプ場」は素晴らしいです。(これを書いている現在は多分、冬季閉鎖中)

そしていよいよ、「カーサイドシェルター」の登場。

どうです? N-VANにピッタリだと思いません?

高さ的にも横幅(車両の前後)的にも調度良い大きさ。「N-VAN用か?」と思えるくらいにしっくりときています。

車両への取付は付属の吸盤にて。この吸盤がかなり強力で、あまり強く取り付けてしまうと、車両の鉄板が窪んでしまいそうになるほど。

ただ、吸盤の位置合わせはそれなりに難しかったので、ある程度位置が決まったら、位置合わせ用のロープ等を作っておいた方が良いかもしれません。

あと、N-VANの屋根はかなり高いので、取り付け作業には脚立が必須。私は常時、耐荷重のあるプラスチック製の折り畳みチェアを、N-VANに積載させています。

「カーサイドシェルター」は左右(車両前後)のパネルをオープン可能で、フルクローズさせる事も可能。このフルクローズが、このアイテムの最大の特徴となっています。

下の写真は翌朝のものですが、雨に降られてもシェルター内のキャンプ道具は濡れる事はありませんでした。

雨に降られないにこした事はありませんが、思わぬ感じで雨天のチェックも行う事ができました。(この日は雨が降らない天気予報だったのになあ・・・)

さすがはogawaの製品といったところでしょうか。細部に渡って作りが丁寧で、華奢な部分は無し。強度も、防水性もバッチリです。

まさに「職人品質」といったところか。

ただし、「カーサイドシェルター」を張ってしまうと、助手席のドアをフルオープンさせる事ができなくなってしまいます。

パネルの開口経がもう少し大きかったら、開けられそうなのですけど。この点だけ、期待とは少し違いました。

でも、トータルで言えば大満足の製品。これがあると、車中泊キャンプがさらに快適なものになりますね。

車内とシェルター内がシームレスに繋がるので、その間の行き来が自由。物を取ったりなど、かなり便利です。

この時期は暖を取りやすいというのもメリットになるでしょうか。シェルターをフルクローズさせ、車内でセラミックファンヒーターを稼働させればまるでツールーム。大人の秘密基地の完成です。

そんな快適空間で楽しんだ車中泊キャンプ。次回はシェルター内の様子などもお伝えしようと思います。

↓どれか1つのクリックが、ブログ更新の励みになります↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
※いつも有難うございます