東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートの朝食バイキング

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2連泊で利用した、ディズニーオフィシャルホテルの「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」。

こちらのホテルを選んだ決め手は、クオリティの割にはリーズナブルな料金設定と、朝食バイキングの口コミの良さでした。


ホテルでの朝食バイキングが大好きな私。朝のとっておきのイベントとして、とても楽しみにしていた次第です。

6:30からオープンという事なので、それに合わせて部屋を出発。エレベーターホールを抜け、朝食会場のレストランへと向かいました。

東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート_1_190607

途中、ガラス張りのエレベーターから見えるホテル内の景色は上の写真のようなもの。これ、実は全て屋内なのです。

ホテルの中間部分は吹き抜けのような構造になっていて、開放感抜群。これだけでも非日常の雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。

海の見える景色_190607

フロアの手前部分がレストランになっていて、6:30と同時にオープン。

既に何組か並ばれていましたが、まだ早い時間なのでスムーズに海の見える窓際の席に通して頂く事ができました。

席についたら、トレーを持ってバイキングコーナーへ。

東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート_朝食バイキング_1_190607

朝一番なのでこれまた、混雑する事なく好きな料理を取る事ができました。

第一印象からいうと、口コミで書かれている程の豪華さは無かったでしょうか。確かにそれなりの品数はありましたが、選びきれないというものでもありませんでした。

東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート_朝食バイキング_2_190607

大好きなウィンナーや、ベーコンなど。ついつい取りすぎてしまいますけど(笑)

他の料理で「これは是非とも食べておかないと!」というのは少なかったように思います。

東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート_朝食バイキング_3_190607

そんな中で、サラダの種類が豊富だったのは、さすがはホテルのバイキングといったところか。

ドレッシングも選べ、サラダ好きにとっては堪らない品揃えだったように思います。

あと、個人的に「これはすごく美味しい!」と思ったのは。

東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート_朝食バイキング_4_190607

アサリの佃煮。

確か、地元千葉県産のものを使ったもの。ふくよかな食感で、濃すぎない味付けは、御飯との相性も抜群でした。

「地産地消」がうたわれたレストランにおいて、まさにそれを感じる事ができたメニュー。

東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート_朝食バイキング_4_190608

あまりにも美味しかったので、翌日の朝食バイキングでは増量して取ったくらいですから。

温泉卵を御飯に落として「卵かけご飯」風にし、その中にたっぷりの「アサリの佃煮」を入れて頂くと最高に美味でした。

東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート_朝食バイキング_1_190608

ただ、初日にあった温泉卵は、2日目には無く。それだけはちょっと残念だったかな。

あと、事前に公式HPで確認して楽しみにしていた、「舞浜スマイルバーガー」が無かったのも残念でした。

東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート_朝食バイキング_2_190608

今確認してみると無くなっているので、私達が行ったタイミングくらいでちょうど無くなったという事でしょうか。まあ、仕方ないですね。

因みにこの朝食バイキングは、朝食付きの宿泊プラン以外でも頂く事が可能。その場合は大人2,800円となっています。(税別)

東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート_朝食バイキング_3_190608

内容から考えると、かなり割高な印象。この半分くらいの料金設定でも、内容が上回るホテルはあるでしょうから。

とはいえ、ディズニーリゾートの一等地で思う存分に朝食を楽しめるというのが一番のウリ。こういったシチュエーションは、日常では味わえませんからね。

2日間、ご馳走様でした。


-お泊りディズニー!オフィシャルホテルに連泊- (2019/06/07)

↓どれか1つのクリックが、ブログ更新の励みになります↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
※いつも有難うございます