ガーデンルームで焼き肉!鋳鉄製のプレートは最高に美味

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

自宅リビングの横にある、ガーデンルームを大清掃。サイドドアをフルオープンにしてから水洗いし、床となるウッドデッキも全て水洗いしました。

あとは乾くのを待つのみ。ちょうど天気の良い日でしたので、午前中に丸洗いした後、昼までには乾燥して使える状態にまでなりました。


これで「おうちキャンプ」の準備はバッチリ。椅子を元通りに戻し、タープとなるサイドパネルを張り出せば会場のセッティングは完了です。

屋根にはカーテンも取り付けているので、日差しをカットして快適。

フルオープンしてここに座っていると、まるでキャンプに行っているかのような気分になりますね。

自宅に居ながらしてアウトドア気分を満喫できる「ガーデンルーム」。素晴らしすぎます。

この「ガーデンルーム」は「東洋エクステリア(TOEX)」製で、現在は「LIXIL」ブランドで売り出されているもの。

施工自体は10年以上も前にやって頂いたものですが、このガーデンルームが加わる事で、生活スタイルが豊かになったような気がします。

奮発して施工して頂いて正解。特に今回の「外出自粛」では、その有り難さを痛感している次第であります。

このガーデンルームがあったお陰で、自宅に居ても退屈せず。いわゆる、「自粛疲れ」なんていう言葉とも無縁でした。

そのガーデンルームを大清掃したこの日。無事に乾燥したという事で、ここでカミさんと二人、バーベキューをする事に。

少し前の車旅で購入していた山口県産の牛肉を、お気に入りの鉄板で焼いていきました。

この鉄板は、今から約30年近くも前に購入したもの。ですが、見ての通りピッカピカです。

アルミ製のフッ素コーティング仕様とは違い、鋳鉄製なので、使えば使うほど鉄が育ってピカピカに。一般的なカセットコンロで使えます。

受け皿に水を入れ、その上に鋳鉄製のプレートをセット。あとはカセットコンロを点火するだけでOKです。

カセットコンロで使える、一般的な焼き肉プレートと要領は同じですね。でもプレートが鋳鉄製だと、焼ける肉は数倍美味しくなります。

見て下さい、この焼け色! まるで焼き肉屋さんのような焼け具合ではないでしょうか。

余分な脂は下に落ち、高温でジュッと加熱。適度にお肉が引き締まり、それでいてジューシーな状態でお肉を頂く事ができます。

これでお肉や野菜、そしてソーセージを焼くと、ある意味、炭火よりも美味しいですね。鉄分の補給にももってこいなのであります。

使い込んで鉄に脂が染み込んでいるので、食材がくっつく事もなし。理想的な焼き肉プレートと言っても過言ではないでしょう。

この鋳鉄製プレート、特にカミさんが気に入っていて。焼き肉をすると言えば、このプレートをリクエストしてくるくらい。それほど、長年重宝しているプレートなのであります。

ガーデンルームに鋳鉄製のプレート。「おうちキャンプ」には最高の組み合わせです。

↓どれか1つのクリックが、ブログ更新の励みになります↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
※いつも有難うございます