キャンピングカーを離れの小部屋として使う!外出自粛で

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

外出自粛という事もあり、キャンピングカーの「ウォーク2」は4月の初旬から自宅待機。車旅に出ることなく、自宅の駐車場でただただ、駐まり続けていました。

日常の足として、買い物などで使う事もできるけれど。買い物であれば、通勤で使っている軽自動車の「N-VAN」の方が適任。


むしろキャンピングカーは、「自宅の離れ」として使った方が、そのポテンシャルを大きく引き出す事ができます。

という事で、「ウォーク2」にはガッツリと駐まっていてもらう事に。普段はバックで駐車していますが、頭から入れて駐め直しました。

何故この向きで駐めたのかというと?

我が家のレイアウト的な問題で、この方がスライドドアから出入りがしやすいから。「離れ」として使う場合、動線の確保も重要となります。

もう、車というよりは、「小部屋」としての使い勝手を最優先という訳ですね。

「しばらくは動かさない」という、覚悟の表れでもあります。

キャンピングカーは「動いてナンボ」の代物。ですが、こういった時期には致し方なし。部屋として活用するというのも、非常時にはアリでしょう。

ただ駐めておくだけよりも、「ウォーク2」はきっと喜んでくれる筈です。

因みに、駐車場には若干の傾斜があるので。

フィアマの「レベルPRO」というレベラーにて補正。車体がなるべく、水平になるようにしました。

部屋として使うのであれば、水平になっている方が快適。

まあ、旅先での車中泊でも同じ事が言えるのですけどね。暫く駐めておくとなれば、尚更対策をしておいた方が幸せになれます。

これでキャンピングカーの「ウォーク2」は、超快適な「離れの小部屋」に。外部AC電源も引き込んでいますので、まさに部屋そのものの快適さです。

実はこの日。ガーデンルームで焼き肉を楽しんだ後、この「離れの小部屋」で昼寝まで満喫させてもらいました。いやあ、実に静かで気持ちがよかったです。

キャンピングカーの離れは、お昼寝をする場所としても最適。お昼寝から目覚めたら、テレビやYouTubeを観る事だってできます。

この中で寛いでいると、自宅の駐車場である事を忘れてしまう程。カーテンを閉め切って外が見えないと、尚更です。

ただ・・・外に出た瞬間に、現実に引き戻されますが(笑)

↓どれか1つのクリックが、ブログ更新の励みになります↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
※いつも有難うございます