車旅のお供に!粉末タイプの調味料「わさびこがし醤油」

旅先の道の駅などで安くて美味しそうな刺し身を発見。でも醤油や山葵が入っていないし、お店にも置いていない。もちろん、自分の車にも積んでいない。

そんな事で困った事はありませんか? スーパーであれば刺し身を買えば、無料で小袋の醤油と山葵を貰えるところもありますけど、道の駅の鮮魚売り場等ではまだ少ないです。


最近は鮮度密封パックの醤油が出ていて、常温保存が可能。車内に常備する事も比較的可能になりましたけどね。(Walk2のギャレー収納庫にも保管している) さすがに、山葵のチューブ等を常温保存する事はできません。

そこで登場するのが、常温保存可能な粉末タイプの調味料、「わさびこがし醤油」。軽キャンKONGに乗り始めた頃から、愛用させて頂いています。

わさびこがし醤油_180916

「わさび屋がつくった」と書かれています通り、粉末タイプでありながら本格的な山葵の風味を味わう事が可能。

この粉末には醤油の成分も含まれていますので、これ1本で「醤油+山葵」のW効果。つまり、刺し身を楽しむ事だってできるのです。

兵庫県産赤えび_180916

この日は、「道の駅 きなんせ岩美」で兵庫県産の新鮮な刺身用「赤えび」を格安でゲット。早速、車中泊先のキャンプ場で頂いてみる事にしました。

普通、刺し身を食べる場合であれば醤油を入れる小皿等が必要になりますけどね。「わさびこがし醤油」を使えば、それさえも不要。

赤えびのわさびこがし醤油_180916

殻入れとしても使うアルミホイルの上で、殻剥きした赤えびにパパッと振りかけるだけでOKです。たったこれだけで、口の中に入れた瞬間に醤油の旨みと山葵の風味が広がります。

殻を剥いては食べる。そんな「赤えび」には、まさにもってこいの調味料なわけですね。

兵庫県産赤えび_2_180916

粉末タイプだから味が薄いのでは?と思われるかもしれませんが、そんな事は全くなくて。こがし醤油の芳醇な味が、赤えびの甘さをより一層引き立てくれます。

わさび屋さんが作っただけあって、山葵の効きも抜群ですね。

かけ過ぎ注意。あまりかけ過ぎると、鼻の奥がツーンとしてしまいます。

粉末タイプでありながら、刺し身を美味しく頂く事ができる「わさびこがし醤油」。常温保存できますので、車旅のお供にオススメです。

アルミホイルにガラ_180916

あらかじめ醤油や山葵を冷蔵庫に用意していなくても、旅先で刺し身を食べたくなったらすぐに食べられる幸せ。これは思ったよりもポイントが高いです。

バーベキューをする前、前菜のつもりで「赤えび」を食べ始めたのですが、あまりにも美味しかったので食べ過ぎてしまいました。

道の駅きなんせ岩美_180916

因みに、この「赤えび」を買った「道の駅 きなんせ岩美」には、この「赤えび」の他にも新鮮な海の幸が盛り沢山。そして、かなり安いです。

この近辺では一番安いのではないでしょうか。

フレッシュライフいわみ_180916

道の駅の隣にはスーパーマーケットもありますからね。それぞれの得意分野で上手く使い分けると良いかと思います。

鮮魚は道の駅で買って、氷や水、野菜等はスーパーで調達。車中泊キャンプ前に必要な買い物を、ここ一箇所で済ませられるのも嬉しいポイントとなっています。


-旨いグルメと温泉を満喫!兵庫・鳥取・岡山車旅- (2018/09/16)

ブログランキング・にほんブログ村へ

押して頂けると、ブログを書く励みになります