道の駅 北の関宿に、とっても美味しい唐揚げがあります

全国各地にある道の駅、そこでの食事もまた、楽しみの一つですよね。「これ美味しいな」とか、「これ凄くリーズナブルじゃない?」等など。そこでしか味わえないメニューの発見も、旅の醍醐味だとおもいます。

そんな事を書いている私も道の駅グルメの大ファンでして。今まで訪れた道の駅の中で、「もう一度行って、あの味を味わいたいな」というのは数多く存在します。


今回、キャンプの帰りに立ち寄った「道の駅 北の関宿 安芸高田」もそんな道の駅のなかの一つ。表からパッと見た感じ、食事をできそうな場所は無いように見えますが、その奥には地元の方にも人気のお食事処があるのです。

そのお食事処の名前は、「ながいきラーメン食堂」。名前からも分かるように、ラーメンがイチオシの食堂です。

ここのラーメンには特徴があって、麺はウコンが練り込まれたオリジナル麺。(神楽門前湯治村の権兵衛で作られています)

醤油ラーメン_520円_180311

ちょっと太めの麺となっており、一口入れた瞬間にわかるほど、独特のコシが生まれているのです。

それに合わせるスープは、豚骨醤油や味噌、醤油など。メニューによって若干、値段が違っているようです。

この日私が選んだのは「醤油ラーメン(520円)」。いつも豚骨醤油にしているので、これにしてみました。

個人的には、豚骨醤油よりも醤油の方が味がボケていなくて好みかな。それでいて決して醤油辛くはなく、しっかりと旨みもあったように思います。

醤油ラーメンととりの唐揚げ_180311

そしてこの「ながいきラーメン食堂」に来て忘れてはならないメニューは、「とりの唐揚げ(120円)」です。

麺類の注文以外に、店内はセルフ形式になっていて、好きなおかずをトレーに取る事ができるようになっているのです。

その中で一番人気のメニューが、「とりの唐揚げ」というわけ。

1個120円で、そのサイズは巨大。混雑する時間帯ともなると、売り切れになる事もあるくらいの、人気メニューなのであります。

とりの唐揚げ_120円_180311

これ、一度食べるとヤミツキになる美味しさ。鳥モモ肉が使われており、鳥皮と一緒に揚げられているので、かぶりつくとジューシー。中からジュワッと、肉汁が溢れてきます。

しっかり濃い目に下味が付けられているのも良いですね。衣にも味がついているような気がします。

唐揚げの聖地、中津の唐揚げにも負けていない美味しさではないでしょうか。実はここ、「道の駅 北の関宿 安芸高田」では、この「とりの唐揚げ」が隠れた名物メニューであったりします。

とりの唐揚げ_1_180311

本当は持ち帰りたい(テイクアウトしたい)くらい大好きな味なのですけどね。おそらく、店内で食べる分だけなのでしょう。

因みに、以前はおかずを何か一品取るとサラダは無料サービスでしたが、この日訪れた時にはサラダは別途100円となっていました。

ラーメン以上に美味しさが際立つ「ながいきラーメン食堂」の「とりの唐揚げ」。オススメの道の駅グルメです。


-車中泊キャンプ in 江の川カヌー公園さくぎ 帰路編- (2018/03/11)

ブログランキング・にほんブログ村へ

押して頂けると、ブログを書く励みになります