浅草1丁目1番1号の「神谷バー」で昼呑み「電気ブラン」

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

浅草の1丁目1番1号に、私達の大好きな洋風酒場「神谷バー」があります。お店はお昼前から営業していて、昼呑みにも最適。

久しぶりに訪れてみると、まだ早い時間(正午頃)であるにもかかわらず、既に多くのお客さんで賑わっていました。


この時間帯でほぼ満席というのは、さすがは浅草。最近は特にお客さんが増えている印象がありますね。

お店に入店すると先ず、入ってすぐのところにあるレジにて一杯目の飲み物と料理を注文。

食券を受け取ったら、好きなテーブル席に座ります。

どちらかというと、若者よりも年配の方が多い店内。ですので、盛り上がっているというよりは、静かにお酒を嗜まれている方が多いです。

(最近は少し賑やかな傾向ですけど)

この店内の雰囲気も含め、「神谷バー」という酒場が好き。まだお昼だというのに、そんな事は全くと言っていいほど気にならず、タイムスリップできます。

「神谷バー」の名物である「デンキブラン(280円)」をカミさんとそれぞれ一杯ずつ嗜み、生ビールの中ジョッキ(830円)はチェイサー代わりに。

この飲み方が何とも言えず、美味しいですね。

電気ブランはストレートで度数が40度近くあるので、度数の低いビールで喉の火照りを鎮めるのです。

美味い!

それに合わせるアテは、コストパフォーマンス抜群の「ウィンナーとサラミの盛り合わせ」で、1皿590円。

電気ブランとの相性は抜群です。

因みに、電気ブランには「電気ブランオールド(380円)」という、さらにアルコール度数の高いグレードも存在します。

こちらになると、度数は40度超え。

もちろん、追加で注文しました。

追加で注文をする場合には、自分達が座っているテーブル席にて。店員さんを呼び、注文と同時に支払いを済ませます。

つまり、その都度の支払いという事になりますね。

なので、呑み過ぎて酔っ払う暇などはありません(笑)

みなさん、お酒と上手に付き合っているという印象。悪酔いをしている人は皆無です。

大人の社交場といった感じでしょうか。

仕上げに、「海老マカロニグラタン(740円)」を頂きました。

昭和の香りがする洋風酒場は、居心地も抜群。地元のお客さんが多いのも納得です。

浅草の1丁目1番1号で昼呑み。こんな旅の愉しみ方も、良いですね。

↓どれか1つのクリックが、ブログ更新の励みになります↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
※いつも有難うございます