1人500円でオートもOK!仁淀川町ふれあい公園キャンプ場

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

ここまで楽しんできた四国旅も、休日は残すところあと1日。(今年のゴールデンウィークのお話です)

高知県まで足を伸ばしてきましたが、そろそろ広島県の自宅に帰る事も頭に入れておかなくてはいけません。あまりギリギリまで遊んでしまうと、休日明けの仕事に影響を与えてしまいますからね。


そこで考えていたルートは、なるべく最短で高知県から愛媛県へと移動できるもの。国道33号線を使えば、比較的楽に、そして早く愛媛県入りする事ができます。

愛媛県まで行ってしまえば、後はどうにでもなります。フェリーに乗ってしまえば、自走するよりもかなり楽に広島まで戻る事もできますからね。

という事で、最後の1泊となる車中泊地は、そのルート沿いから探す事に。国道から少し離れますが、予めピックアップしておいた、「仁淀川町ふれあい公園キャンプ場(池川ふれあい公園オートキャンプ場)」に行く事にしました。

特に予約とかはしていなかったけど、ここが駄目なら他の候補地でもどうにかなるだろうと思った次第。その為には、事前の車中泊地ピックアップは大切です。

さて、「仁淀川町ふれあい公園キャンプ場」を利用させて頂くには、事前に手続きを済ませておく必要があります。手続きは、キャンプ場から少し離れた場所にあります、「池川439交流館」にて。(「439」と書いて、「よさく」と読みます)

受付は16:00までで、キャンプ場の利用料金は1人500円。

キャンプ場ご利用の皆さんへ_180505

車両乗入れOKのフリーサイトとなっており、受付後に万が一空きがなくてキャンプができない場合には、お金は返却して頂けるとの事です。

この日は運良く空きがありましたので、そこで車中泊キャンプをする事に。この後まだ温泉に行く予定でしたので、タープを広げて椅子とテーブルを置き、とりあえず場所取りだけを先に済ませておきました。

この時点でサイトに空きがあっても、温泉に行って戻ってきたら無くなっていた!という事になってしまっては大変ですからね。

受付終了時間も16:00までと早いので、先ずは受付を済ませて場所を確保し、そして温泉なり買い出しなり行く方が良いでしょう。(車旅で利用する場合)

キャンプ場で車中泊キャンプ_1_180505now

川沿いに広がる縦長のフリーサイトは、場所によってはトイレや炊事棟からかなり遠くなるサイト構成。

トイレに近い場所の方が便利そうに思われますが、実際にはトイレから離れた場所の方が水平が確保されており、車中泊向きと思われます。

ただし、トイレから離れた場所になると、トイレまで歩いて3分以上かかる所も。私達が選んだ場所がちょうど、トイレまで徒歩3分といった感じでした。

川沿いの少し低い位置にキャンプ場が整備されていて、トイレはそこから坂道を上った道路沿いという配置。

サイトから3分程度歩いてきて、そして最後に立ちはだかるこの坂道がとどめを刺してくれます(笑)

その時のリアルな記事がこれ。

旅先でキャンピングカーにトイレが欲しい!と思ったとき

この時ほど、「キャンピングカーにトイレがあったらなあ」と思った事はありませんね。

まあ、そんな感じで場所によってはトイレが不便なキャンプ場ではありますが、このお値段(2人で宿泊して1,000円)という事を考えれば、旅先の車中泊地としてももってこいではないでしょうか。

道路のすぐ近くですが、交通量は少なくて静かな場所。

側を流れる川の透明度が高かった事も、付け加えておきます。


-GW後半はWalk2で四国・車中泊キャンプで巡る旅- (2018/05/05)

ブログランキング・にほんブログ村へ

押して頂けると、ブログを書く励みになります