層雲峡から網走へ。吹雪で記念撮影中止も次第に天候回復

北海道バスツアー2日目。朝の7:00という比較的早い時間にホテルを出発しました。

この日は移動距離が結構長くて、ルートの後半編に見どころが満載。日が短くなっている事もあり、あまり遅くの到着だと、その見どころが楽しめなくなってしまうので、早めの出発だったようです。


北海道って広いですからね。移動距離だけでも半端ない。早めの出発&余裕をもっての移動には賛成です。

ただ、前回の記事でも書きました通り、この日は朝から物凄く吹雪いており。せっかくの層雲峡でしたが、残念ながら車窓からの景色は楽しむ事ができませんでした。

どこを見ても真っ白で視界が悪いんですよ。「こんな状態で観光なんかできるのかな?」と心配をしておりますと。

バスツアーのルート_171118

ホテルから移動する事数分たらず。最初の見どころ、「銀河・流星の滝」は雪の影響で全く見る事ができませんでした。

バスガイドさんによると、数日前までは見られいたそうなのですけどね。この寒波で滝が凍ってしまい、雪の中に隠れてしまったとの事。残念です。

銀河・流星の滝_171118

「銀河・流星の滝」は、渓谷に流れる対照的な2つの滝。滝百選にも選ばれていて、この日の記念撮影スポットだったようですが、こんな状況なので撮影は中止となりました。

因みに、軟弱者の私達は、バスから降りる事すらしませんでした(笑)

という事で、ここは早めに切り上げて次の目的地へと移動。

道の駅おんねゆ温泉_1_171118

トイレ休憩で立ち寄った、「道の駅おんねゆ温泉」です。

道の駅という事なので、いつもの車旅同様楽しみにしていたのですけどね。どうやら、こちらの道の駅には私達の大好きな物産館というか、売店は無いみたい(^_^;)

あくまでも、トイレ休憩という事ですね。

道の駅おんねゆ温泉_2_171118

ここまで東に移動してくると、吹雪自体は収まってきており。天候も回復傾向に。ですが、降雪と積雪量は結構ありました。

そうですね、20〜30センチは積雪していたでしょうか。まだ誰も歩いていない綺麗な雪の上を歩くと、ズボッと足が埋もれてしまいます。

ゴアテックスでバッチリ_171118

このような状況下だと、普通のスニーカー等では靴に付いた雪が解け、水分が中まで染み込んで冷たくなってしまうのですけどね。

通気性はあるけど、防水性も兼ね備えているゴアテックスのスニーカーだと大丈夫。雪が付着しても足が濡れる事はありませんでした。

この時期の北海道観光。ゴアテックスのスニーカーだと心強いですね。(ただし、滑り止めは別途考える必要あり)

さて、外は雪で寒い北海道なのですが、バスの車内は暖房でポカポカ。

じゃがいも焼酎清里_171118

早くも、焼酎の水割りを開けてヨロシクやってしまう私達夫婦です(笑)

この焼酎は前日に立ち寄った「北の森ガーデン」というドライブインで買ったもので、「じゃがいも焼酎 清里」という北海道の焼酎。

じゃがいもなので少し癖はありましたが、バスの中でご当地の焼酎を頂けるなんて最高ですね。水割りなので、そのまま飲む事ができました。

網走水産_171118

という事で、この後も目的地を目指しながらバスは網走方面へと移動。

「網走水産」というお土産屋さんというか、ドライブインまでやってきたところで、午前中最後のトイレ休憩となりました。(11月末に閉店と貼り紙が貼ってありました)

ここまで来てようやく、雪の姿を見る事はなくなりました。


-初めての北海道!格安モニターツアー4日間- (2017/11/18)

ブログランキング・にほんブログ村へ

押して頂けると、ブログを書く励みになります