2018年最初の車中泊旅は軽キャンでRVパークへ 出発編

毎年、年始は私とカミさんの両方の実家にそれぞれ一泊ずつして過ごしているのですが、今年はその後、山陰方面にプチ車旅に出かけました。

この時期、雪があってはいけないので、帰省に使った車はスタッドレスタイヤを履いている軽キャンのKONG。プチ車旅にも、それで行きました。


カミさんの実家がある山口県から、山陰というか島根県へは錦町、そして六日市を抜けるルート。このルートには道の駅もあるので、なかなか楽しめます。

まず最初に立ち寄った道の駅は、錦町にある「ピュアラインにしき」。この辺りは「こんにゃく」が有名で、店内では多くのこんにゃく製品が販売されています。

道の駅ピュアラインにしき_180103

どれも美味しそうで、そしてスーパーではあまり見かけない蒟蒻ばかり。毎回何品か購入し、そして持ち帰っておでん等に入れて頂いています。

この日も何種類かの蒟蒻をゲット。ものにもよりますが、比較的リーズナブルなので購入しやすくもあります。

そして、こちらの道の駅で蒟蒻と同じくらいに気に入っているのが、道の駅の物産館に入る手前にある売店。

道の駅ピュアラインにしきの売店_180103

蒟蒻を加工した串などは勿論のこと、牛串や豚バラ串、そして猪カツなどの揚げ物も豊富に販売されているのです。

特に安いという訳ではないのですが、どれもこれも美味しそう。そして実際に美味しいです。

この日は車中泊地で頂けそうなものを何点か購入。こちらの売店、何でも美味しいので本当にオススメです。

で、再び車を走らせて六日市方面へ。

いろり山賊錦店_1_180103

ありました! 「いろり山賊 錦店」です。

最近は全国ネットのテレビなどで特集もされているので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

有名で人気なのは玖珂店になるのですが、こちらはそこよりも規模の小さい錦店となります。

いろり山賊錦店_2_180103

昔、益田競馬場に遊びに行っていた時には食事で時々利用していましたね。

ま、競馬に勝った時だけですが(笑)

名物の山賊焼きは勿論のこと、山賊むすびも美味しい。それらは持ち帰りもできるので、これも車中泊地での夕食や朝食用にと買い求めました。

という事で、食材をある程度調達できたところで温泉へ。

柿木温泉 はとの湯荘_1_180103

茶褐色というか、黄土色のかけ流し湯が素晴らしい「柿木温泉 はとの湯荘」です。

この日は1月3日という、正月真っ只中で日帰り入浴できるかどうか心配だったのですけどね。事前に電話で確認をしてみたところ、大丈夫との事。旅の途中の入浴施設として計画に入れていました。

パンフレットや公式サイトを見れば想像できる通リ、こちらの源泉は本当に素晴らしくて。

柿木温泉 はとの湯荘_2_180103

鉄分が多く含まれているので、入浴すれば体の芯から温まります。

岩風呂の周りには、この温泉成分でできたような跡がクッキリと。これを見ただけでも、泉質の良さが伝わってきそうですね。

大人の入浴料は、510円。「しまねカード」又は「しまねカードアプリ 縁」を提示する事で、本人を含む同行者全員が100円引きになります。

因みにこの日、正月のイベントか何かでクジ引きをやっていて。受付時にひいてみたところ、なんと大当たり! 一人分、入浴料が無料になりました。

新年早々、幸先の良いスタート。それとも、全ての運を使い果たしたのか(笑)

プチ車旅は、続きます。


-2018年最初の車中泊旅は軽キャンでRVパークへ- (2018/01/03)

ブログランキング・にほんブログ村へ

押して頂けると、ブログを書く励みになります