産直市場や道の駅巡りをして車中泊地へ。断熱の有り難さ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

鳴門観光と「鳴ちゅるうどん」を満喫した私達は、国道55号線を南下して高知県方面へ。途中、産直市場や道の駅、ご当地スーパーに寄るなどして、食材を調達しながら移動するプランを練っていました。

先ず最初に立ち寄ったのは、徳島県にあります「みはらしの丘あいさい広場」という産直市場。前回立ち寄った時に品数が豊富でしたので、今回の旅でも是非とも行こうと決めていました。


リニューアルしたばかりのようで、さらに売り場が拡大して充実。四国最大級の産直市場なのでは? と思うほどの規模になっていました。

広く整備された駐車場には、既に沢山の車が。新鮮野菜や魚介類、そして肉類を買い求める多くのお客さんで賑わっていました。

みはらしの丘あいさい広場_180503

まるで徳島県の台所といった感じ。元々産直市場が大好きな私でありますが、その私が見てもかなり魅力的な産直市場に映りました。

こちらでは、徳島牛が安かったので量り売りで購入。その他、美味しそうだった惣菜を何品か買い求めました。

生鮮食品以外にも、惣菜類がとても充実。旅先でこういった産直市場があると助かります。

という事で、テンション上がる買い物を楽しんだ後はさらに国道55号線を南下。

道の駅日和佐_180503

道の駅 日和佐」までやって来ました。

横長の建物が特徴的な道の駅。農産品売り場や物産売り場はもちろんのこと、足湯まである大きな道の駅です。

こちらでも、買い物を満喫。普段あまり訪れる事の無い道の駅は、見るもの全てが新鮮に映って楽しいですね。

で、その買い物以上に私達を大きく惹きつけたものはといいますと。

ツバメの子供_180503

ツバメの巣です(笑)

道の駅の軒下には何個ものツバメの巣があって、まさにツバメの楽園といった感じ。子育て真っ最中といったところでした。

私とカミさん、この時期のツバメを見るのが大好きなんですよね。大きく口を開けてお母さんを待つ子供ツバメはもちろん、大人のツバメも可愛い。

しばしその姿に見惚れる私達なのでした。

そして再び車を走らせて、ご当地スーパーの「ビルド産直市 海南店」へ。

ビルド海南店_180503

「ビルド産直市」は徳島県に何店舗かあって、その名の通り産直市場っぽい惣菜の品揃えが見ていて楽しいです。

店内を物色する時は、まるで宝探しのような感覚。フィッシュカツや竹輪など、徳島県の名物食材を安く購入する事も可能です。

この日も確か、それらを買ったかな。あと、98円で売られている生麺を使った徳島ラーメンも美味しいです。

と、色々寄り道しながらやって来たところはコチラ。

海の駅_東洋町_180503

海の駅 東洋町」です。

売店では海産物を安く購入できるとの事でしたので、手前にある温泉を通り越して先ずはこちらまでやって来ました。

その売店ではまこと、魅力的な海産物がいっぱい。これ、見ているだけでも楽しくなってきますね。

伊勢海老とめだい干物_180503

その魅力的な海産物の中から、安くなっていた「伊勢海老」と「めだい干物」をゲット。

小さなサイズではありますが、伊勢海老が480円ってメチャメチャ安くないですか? 迷うことなく、この日の夕食のメイン食材に決定です。

他にももっともっと買いたかったけど、ここに来る前に色々と購入していたので泣く泣く諦める事に。閉店間際でしたので、多くのものがさらに安く割引価格で販売されていました。

という事で、夕食の心配が無くなったところで温泉に入る事に。

宍喰温泉_180503

先程通り過ぎた道を引き返し、「宍喰温泉」にやって来ました。

こちらは、「道の駅 宍喰温泉」の隣に建つ「ホテルリビエラししくい」という宿泊施設。そこで日帰り入浴が楽しめるようになっています。

入浴料は大人600円。ツルッとした肌触りのお湯は、入っていてとても気持ちが良かったですね。

朝風呂(6:30~9:00)もやっているみたいですよ。

そして再びやって来たのは、「海の駅 東洋町」。

海の駅_東洋町_3_180503

今宵はこちらで車中泊です。

先程の「道の駅 宍喰温泉」は駐車場が少なく、車中泊には不向き。どちらかというとこちらの方が車中泊には向いています。

幹線道路沿いではありますが、出入りする車も比較的少なくて静か。ここを利用するのは、今回で2回目になります。

海の駅_東洋町_2_180503

まだ明るい時間から、カーテンをフルクローズしてステルスモードに。

天井に断熱材の入っているキャンピングカーは、この時間帯でも換気をしっかりすると車内が暑くならないのが良いですね。

因みに、カーテンを挟んだ向こう側、大きなフロントウィンドウがある運転席付近はアツアツです。

キャンカーの車内_180503

こういう時、厚手の生地でできた遮光カーテンは断熱にも一役買ってくれますね。実際に使って分かった、遮光カーテンのメリットであります。

断熱が施された天井と、厚手のカーテンがあればバンコンでもそこそこ快適。もちろん、換気は必要です。

三角パン_180503

夕食までのちょっとした時間、道の駅で買った「三角パン」を食べながら、テレビを見て寛ぐ私達なのでした。


-GW後半はWalk2で四国・車中泊キャンプで巡る旅- (2018/05/03)

ブログランキング・にほんブログ村へ

押して頂けると、ブログを書く励みになります