N-VANを自宅駐車場で部屋化して愉しむ!電気もバッチリ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

昨年末の事になります。自宅駐車場の一番奥にN-VANを駐め、部屋のようにして車内滞在を楽しみました。

いつもは通勤で使用しているN-VAN。ですが、年末年始の休み中は特に動かす予定がないので、部屋化するには絶好のチャンスという事になります。


助手席をダイブダウンさせて片側をフルフラットに。そのスペースにコーナンの「省スペース敷布団」を敷き、居住空間を作りました。

こうする事で、一人であればいつでも車中泊も可能。もちろん、部屋のように使うのにも全く問題はありません。

N-VANをヴィンテージ風に_6_191231

運転席側の後ろ部分には、木製のラックとテーブルを配置。テーブルは、アルミパイプチェアと、ニトリの「木製フリーボード」を組み合わせて作りました。

実用性はもちろんの事、見た目的にもかなりお洒落な空間に仕上がっているのではないでしょうか。

N-VANをヴィンテージ風に_5_191231

N-VANのボディカラーに合わせた、カインズ製のソフトボックスもバッチリ。木製の2段ラックにジャストフィットしています。

ここは小物置き場として活用。こうする事で、散らかりがちな車内空間を、スッキリと見せる事ができるようになります。

N-VANにセラミックファンヒーター_191231

そして、テーブルの下には小型のセラミックファンヒーターをセッティング。600Wの省電力タイプですが、N-VANくらいの広さであればしっかりと暖めてくれます。

夕方の時点での車内温度は21度。ちょうど過ごしやすい温度と言えますね。

N-VANが秘密基地_2_191230

ただし、このままファンヒーターを作動させ続けると、汗がでるほど暖かくなってきます。電気なので大丈夫ですが、時おり換気をした方が過ごしやすかったですね。

AC100Vの電源は、ホンダ純正アクセサリーの「外部電源入力キット」を経由し、自宅の野外コンセントに接続。

N-VANをヴィンテージ風に_4_191231

N-VANの車内に居ても、自宅同様に電気が使える環境を構築しています(消費電力には注意)。まさに「小さな部屋」と呼べるのではないでしょうか。

それにしても、良い雰囲気。自分で言うのも何ですが、アンティーク調の車内がとってもお洒落ですね。

N-VANをヴィンテージ風に_1_191231

ブリキのプレートも良い味を出しています。

なお、奥に見える時計は雑貨店(ゆめタウン廿日市内)で購入したもの。BOXも同じお店で購入したものです。

それぞれ、500円と300円。

N-VANをヴィンテージ風に_3_191231

女性がターゲットのこういったお店でオッサンが買い物をするのは少し恥ずかしいですが、お洒落な雑貨を安く手に入れるなら、やっぱりこういったお店になりますね。

「イオンモール広島府中」内にある「salut!」や、「AWESOME STORE」という雑貨店もよく利用しています。(紙屋町シャレオにある「ナチュラルキッチン&」も)

N-VANをヴィンテージ風に_2_191231

女性っぽいアイテムばかりではないので、男性にもオススメ。キャンプで使えそうなアイテムもあります。ただし、入店するには少し勇気が要ります(笑)

因みに、下に写っているビール瓶はドイツビールの空き瓶。その中に「LEDジュエリーライト」を入れ、イルミネーション化しました。

N-VANが秘密基地_1_191230

この「LEDジュエリーライト」は、100円ショップの「セリア」で入手可能。もちろん、税抜100円です。

電球色に近いウォームホワイトなので、温かい雰囲気を出すにはもってこいですね。

この空間で飲む焼酎のロックは最高に旨い!

N-VANの助手席テーブル_191230

助手席側には、N-VANの純正アクセサリーである「簡易テーブル」もセッティング済み。乗り降りの際には、ここにマグカップを仮置したりなど、色々と使えます。

いやはや。軽キャンではなくても、N-VANは遜色ないくらいに部屋化して楽しめますね。意外と走りと乗り心地が良い点も、気に入っています。(フルオートエアコン等の快適装備も)

↓どれか1つのクリックが、ブログ更新の励みになります↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
※いつも有難うございます