もんじゃ焼き初体験!580円~目の前で焼いてもらえます

東京といえば「もんじゃ焼き」。ですが、あんなに何度も東京を訪れているのに、一度も現地で「もんじゃ焼き」を食べた事がなかったのですね。

そこで今回、旅の計画段階で「もんじゃ焼き」のお店をピックアップ。かっぱ橋道具街から浅草に抜ける時にいつも気になっていた、「七五三」というお店に行ってみる事にしました。


Googleマップで確認してみると、かなり口コミが良いみたい。順番待ちが予想されましたが、お店には12時15分頃に到着。

案の定、すぐに入店する事はできなかったけど、運良く待ちは私達だけ。名前を書いて待っている間に、メニューを見て食べたいものを選ぶ事ができました。

七五三_171210

基本の「もんじゃ」は580円と安く、これにはキャベツ、あげ玉、桜えび、切りイカ、特製ダシが入ります。

という事で、カミさんが「もんじゃ(580円)」で、私はそれに「そば」がプラスされる「そばもんじゃ(680円)」を選択。

七五三のお品書き_171210

メニューを選び終わった頃、お店に入店する事ができました。

そして、決めたメニューをお店の方に伝えて。

その時、「一緒にしていいですか?」と聞かれたので、思わず「はい」と応えたのですが・・・

すると、二人分の「もんじゃ」が、一つのボールに入れられて出てきました(笑)

そばもんじゃ(680円)_171210

ありゃりゃ。注文の仕方がマズかったみたいですね(^^;

周りのお客さんをよくよく見てみると、一気に人数分を注文するのではなくて、まずは一人前の「もんじゃ」を注文し、それを焼いていました。

そして、頃合いを見てからもう一人前の「もんじゃ」を注文。

つまり、一気に注文するのではなくて、焼きながら次を注文するというスタイルだったのです。

もんじゃを焼く_1_171210

「もんじゃ」初体験だったので、そのあたりがよく分からなくて。

なお、これはこのお店のスタイルであって、他のお店がどうなっているのかは分かりません。おそらく、それぞれのお店で文化とかあるのでしょうね、

因みに、「もんじゃ焼きは初めてです」と言えば、お店の方が自分達のテーブルで焼いてくださいます。

もんじゃを焼く_2_171210

慣れた手つきで焼かれる様子を、目の前で見られるだけでも楽しい。

思いの外、「もんじゃ」は早くできました。

そばもんじゃ完成_171210

二人分の「もんじゃ」を一度に焼いたので、ビジュアル的にはちょっと?・・・ですけど(笑)

湯気が立ち上る中、小さなヘラで剥がしながら頂きます。

そばもんじゃ_171210

素朴な味で旨い!

各テーブルには青のりや鰹節がおいてあって、それを自由に振りかけて食べる事が可能。

焼酎のロック(550円)_171210

その「もんじゃ」と一緒に、「焼酎のロック(550円)」をチビチビとやりながら。

昼間っから鉄板を囲んで呑めるなんて幸せです(笑)

ヘラでもんじゃ焼きを食べる_171210

「もんじゃ」は、食べ進めていくうちに「ナン」のようになってしまったけど(笑) もんじゃと焼酎が、良く合うんですよね。

その焼酎のロックをお代わりし、カミさんと2人、2人前のもんじゃを完食。ごちそうさまでした。

初もんじゃで色々とあったけど。親切なお店の方のおかげで、わからないなりにも美味しく頂く事ができました。


-飛行機で行く!浅草拠点に3泊4日の東京旅2017- (2017/12/10)

※いつも有難うございます。
↓クリックが、ブログを書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ