西郷港FTに着いたら島散策!味乃蔵でご島地グルメを頂く

ずーっと行きたかった隠岐の島。松江市にある「七類港フェリーターミナル」からフェリーに乗り、約2時間30分かけて隠岐の島の「西郷港フェリーターミナル」までやって来ました。

初めて上陸する隠岐の島。感動です!


広島から行く場合、ある意味「北海道」よりも時間がかかりますからね。北海道へは広島空港から飛行機でひとっ飛びできますが、隠岐の島の場合はそうはいきません。

大阪、または東京を経由するか、直行便だと出雲縁結び空港から。そこまで行く時間もかかりますので、飛行機を利用したとしても結構な時間がかかってしまいます。

フェリーおきから下船_180713

近そうで遠い場所。それが私達の隠岐の島に対するイメージでした。その隠岐の島に今上陸。しかも自分たちのキャンピングカーで! あまりもの感動に言葉が見つかりません。

やはり、どこに行くにも自分たちのキャンピングカーが一番ですね。飛行機だと比較的楽に移動できますが、キャンピングカーでの旅と比べるとやはり感動もそれなりのものとなります。

それでは早速、フェリーターミナルの駐車場に車を駐めて散策を楽しむ事としましょう。

西郷港の駐車場へ_180713

フェリーを下りてすぐの所に有料の駐車場があって、1時間以内であれば無料。1時間を超えると200円となり、以降、1時間ごとに100円が加算される仕組みです。

この日は1時間15分ほど駐めさせて頂いたので200円。1時間ごとに100円なのに、最初の1時間は超えるといきなり200円という面白い料金システムです。

西郷港に到着して散策_180713

駐車可能台数はそれ程ありませんが、隠岐の島に上陸したら先ずここに車を駐めて徒歩で散策を楽しみたいですね。なにせ、フェリーターミナルの近くには魅力的なお店が色々とあるのですから。

ここを歩くだけでも楽しい。「隠岐の島にやって来たんだ!」という感動がより一層強くなります。

そしてやって来たのはここ、「味乃蔵」というお食事処です。駐車場からは徒歩で4分程度だったでしょうか。

味乃蔵_180713

フェリーが西郷港に到着するのが11時25分。そこから徒歩でこのお店に行けば昼食に調度良いだろうという事で計画に入れていました。

普段は人気店のようですけど、この日は平日だったので難なく入店OK。とは言え、お店前の駐車場は満車でしたので、やはり車を置いて歩いてきて正解でしたね。

味乃蔵へ_180713

歩く事で島独特の雰囲気を感じる事もできます。隠岐の島に到着したら先ず、車を置いて散策される事をオススメします。

さて、パンフレットを見て是非とも行ってみたかった「味乃蔵」。意外にも、半個室になったような素晴らしい場所に通して頂く事ができました。

味乃蔵の個室_180713

これだけでもかなりテンションが上がりますよね。

お店は広く、奥の方まで見なかったので他のスペースはどうなっているのかは分かりませんでしたが、こういう場所で食事ができるって嬉しく思います。

因みに、半個室の窓ガラスの外にはこんな景色が広がっていました。

個室からの眺め_180713

港町ならではの景色。こういう所で食べる魚って、さぞかし美味しいだろうなあ。

実は、このお店にやって来たのはその魚が食べたかったから。隠岐の島で獲れた、新鮮な魚料理を食べたかったのです。

という事で、選んだメニューはこれ。

味乃蔵丼_1950円_180713

「味乃蔵丼(1,950円)」です。

いわゆる海鮮丼で、味噌汁と小鉢、そして漬物付き。1,950円は少し高いような気もしますが、離島なのでこんなものでしょう。

ここに来たらやっぱり、これを頂かないとね。

味乃蔵丼_アップ_180713

新鮮な刺身が沢山乗っていて、メチャ旨し! これこれ、これを食べたかったのです!

温かい酢飯に乗っていたからか、コリコリ感という意味ではそれ程でもなかったですが(そもそもコリコリ食感を楽しむ魚ではなかった?)、新鮮さは抜群。

魚自体も大きめにカットされていたので、食べごたえ十分といった感じでした。隠岐の島を訪れたら一度は食べておきたい海鮮丼ですね。

そしてもう一品、頼んでいたのがこれ。

隠岐そば単品_2_180713

「隠岐そば」の単品、780円です。

隠岐の島に来たらこれ、「隠岐そば」も是非頂いておこうと思っていまして。メニュー表には「隠岐そば定食(1,080円)」しか載っていなかったけど、単品でも大丈夫との事でしたので、単品でお願いしました。

「隠岐そば」は隠岐の島の名物で、出汁が命。あごだし等、魚のダシからとったスープの中に、十割蕎麦が入っています。

隠岐そば_アップ_180713

十割で脆く、コシは全くなくてブチブチ切れるのですが、これが「隠岐そば」の特徴。すするというよりは、お茶漬けのようにかき込む感じの方が美味しく頂けます。

アゴ(トビウオ)の身でしょうか。それともサバの身でしょうか。ほぐされた身が沢山入っていて、これが美味しかったです。まさにご島地グルメ。

スープまで完食いたしました。

隠岐そば完食_180713

先にも書いたように、離島なので全体的にお値段高めですけどね。

それでもここに来て美味しい料理を頂けば、お値段の事はきっと気にならなくなると思います。

参考までに、ランチタイムのメニューを載せておきます。

味乃蔵の食事メニュー_180713

さて、大満足の昼食を満喫した後は、駐車場に戻る感じで再び散策。

今度は、「隠岐ふるさと直売所あんき市場」という産直市場までやってきました。

こちらもフェリーターミナル(駐車場)から徒歩圏内にあって、この旅を計画した時から行きたいと思っていた場所です。

隠岐ふるさと直売所_180713

専用の駐車場はありませんので、やはりフェリーターミナルにある有料駐車場に車を駐めてから来た方が良いですね。

この日はこちらで地焼酎や、島で獲れたサザエ等を購入。(これが安くて旨かった!) ワカメ等も安くありましたので、お土産を含め購入しておきました。

いやあ、島散策って本当に楽しいですね。


-さんいんCamperクルーズで行く!車旅で隠岐諸島- (2018/07/13)

ブログランキング・にほんブログ村へ

押して頂けると、ブログを書く励みになります