船旅を楽しむ時に「あったら良いな」と個人的に思うもの

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

舞鶴から小樽へ。フェリーによる船旅は、思ったよりも快適なものでした。当初、かなり揺れるのでは?と予想していたけど。

運が良かったのか、そんな事はなく。前乗り車中泊や深夜の車積み込みで寝不足が続いていたからか、フェリーの個室では熟睡する事ができました。


そして翌朝。自分たちの部屋で朝食とします。

フェリーにはレストランがあって、そこで朝食や昼食など、食事をとる事ができるのですけど。ゴールデンウィークで混みそうでしたので、乗船前に弁当類を買っていました。

新日本海フェリー_あかしあ_ステートBツインで朝食_180428

あと、自宅からはカップ麺を持参。

個室であれば、こういった食事も比較的自由にできますね。

荷物を置いておける場所を広くとれますので、ある程度の食材は持ち込みが可能となります。

ソフトクーラーボックス_190428

ただし、冷蔵庫の備え付けは無いのでクーラーボックスは必須。私達はキャンピングカーの「Walk2」に常備している、ソフトクーラーボックスを持ち込みました。

普段は折り畳んで収納できるソフトクーラーボックスは、車旅のマストアイテム。こういった船旅でも重宝しますね。

特に「ステートルームB」以上の個室を利用する場合には、あった方が絶対に便利。飲み物も持参できますからね。

車旅の時には、冷蔵庫の補助としても使えます。(冷蔵庫に入り切らなかった時など)

サーモスアイスコンテナー_190427

因みに、氷を持参するのなら、上の写真に写っている「真空断熱アイスコンテナー(サーモス)」がオススメ。

氷が溶けるのは許容レベル。氷を持ち運べ、そして保管できます。

これも、私達にとっては車旅やキャンプでのマストアイテム。焼酎のロックが好きなので欠かせません。

1個では足りないので、2個ほど船内に持ち込みました。(水筒用の氷にも使うので)

これで朝から焼酎のロックが飲めます(笑)

新日本海フェリー_個室で惣菜_190428

フェリーに乗船するのは深夜、そして小樽に到着するのは翌日の20時45分。

つまり、お酒が飲めるタイミングは午前中のみとなります。

この船旅では、朝酒が欠かせませんでした。

新日本海フェリー_ステートBツインで但馬牛ことぶき牛巻_190428

朝酒を呑みながら、大好きな「但馬牛 ことぶき 牛巻」を食す。堪りませんな。

これはフェリーに乗る前、舞鶴への車旅の際に買っていたもの。「但馬牛 ことぶき 牛巻」は、「道の駅 但馬のまほろば」で購入する事ができます。

但馬牛ことぶき牛巻_190427

因みに、5個入り3セットの大人買いでした。

これ、但馬牛がたっぷりと詰まっていて超旨し。兵庫県の但馬地方を訪れた際には必ず買うほど大好物です。

他には、自宅から持参したカップ麺など。

新日本海フェリー_ステートBツインでカップ麺_2_190428

部屋に備え付けの電気ポットでお湯を沸かせたので楽でしたね。

なお、残ったスープは捨てる事ができませんので、飲み干さなければなりません。

ですので、カップ麺を持ち込む場合には縦型のタイプがオススメです。

新日本海フェリー_ステートBツインでカップ麺_190428

これなら必然的にスープが少なめになりますので、飲み干しやすいです。

それから、船旅の際に有ると便利なのは、10インチくらいのタブレット端末。

フェリーが沖を航行している時、備え付けのテレビは映りませんからね。

新日本海フェリー_タブレットで動画鑑賞_190428

タブレット端末があれば、端末に保存している動画などを観る事ができます。(LTE等の電波は届かないので、「Amazonプライム・ビデオ」等の動画は事前にダウンロードしておく事)

以上、船旅を楽しむ時に「あったら良いな」と個人的に思うものを中心に、記事にしてみました。


-キャンピングカーで行く北海道!ウォーク2の里帰り- (2019/04/28)

↓どれか1つのクリックが、ブログ更新の励みになります↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
※いつも有難うございます

One Reply to “船旅を楽しむ時に「あったら良いな」と個人的に思うもの”

コメントは受け付けていません。