約2kmに渡る桜のトンネルは圧巻!【雲南市桜まつり】も

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

旧ブログ(軽RV紀行 – 軽キャンで車中泊とキャンプ旅)から、当ブログに記事を引越し中。(1日1記事を目安)

現在は、「キャンピングカー購入記」というカテゴリーを整理しています。


今回引越した記事のタイトルは、「軽キャンの次は?候補のキャンピングカーをピックアップ」。

こちらの記事も併せてご覧頂けますと幸いです。

軽キャンの次は?候補のキャンピングカーをピックアップ

さて、ここからは前回の記事「満開の斐伊川堤防桜並木&お花見車中泊キャンプ【出発編】」からの続きです。

今回は桜の写真を中心に、綴っていきます。

お花見をしよう!とやって来た、島根県の「斐伊川堤防桜並木」。

実はこの日、「雲南市桜まつり」の開催日(4月6日~4月7日)でした。

期間中は渋滞と駐車場不足が予想されたので、広島の自宅は早めに出発。予定していた「河川敷第3駐車場」には、午前10時前に到着する事ができました。

駐車場は「河川敷第1駐車場(メイン駐車場)200台」、「河川敷第2駐車場200台」、「河川敷第3駐車場380台」、「マルシェリーズ駐車場350台」などがあり。

駐車可能台数が一番多く、高さ制限が無いのが今回利用した「河川敷第3駐車場380台」です。キャンピングカーはこちらを利用すると良いですね。

車を駐めて橋を渡れば、「雲南市桜まつり」の会場(斐伊川堤防桜並木)まではすぐ。意外と立地も良いです。

お昼には満車になっていましたが、午前10時前の到着であればご覧の通り。好きな場所に余裕で駐める事ができました。

そして先ずは、「斐伊川堤防桜並木」を歩いてお花見に良さそうな場所を検索。遊歩道を下りた場所、桜の木の下に陣取らせて頂きました。

これも早い時間の到着だと場所を選び放題ですね。レジャーシートが飛ばないように、簡易的なペグ等も用意しておいた方が良いでしょう。

地面はそんなに硬くないので、軽いプラスチック製のペグでも大丈夫です。

そしてここからは、「斐伊川堤防桜並木」を散策。

「日本さくら名所100選」に認定されている「斐伊川堤防桜並木」は、斐伊川堤防沿い、約2kmに渡って桜のトンネルができます。

「雲南市桜まつり」の期間中は、その桜のトンネルの下にテキ屋も並んで。

多くの人で賑わいます。

この日はまだ早い時間で人はまばらでしたが、お昼ごろになると縫って歩かないといけないほど、多くのお花見客で賑わっていました。

桜ははちょうど満開といった感じで、まさに見頃。

天気も晴れてくれて良かったです。

雲南市桜まつり」の期間中には、近くの商店街に「うんなんスパイス横丁」という露店が並ぶゾーンも出現。

地元の美味しいものを頂く事ができるようになっています。

通りの入り口付近に「手打ちそば」という幟がたっていたので、ちょっとだけ休憩。

「割子そば(500円)」を頂きました。

量的にはちょっと少ないかな?と思いましたが、500円なのでこんなものでしょう。他の美味しいものを食べられるというメリットもあります。

商店街から木次駅にかけては、100mのロングテーブル「雲南食堂」というコーナーも。こちらでも食事を楽しむ事ができます。

近くに「マルシェリーズ」という大きなスーパーがあるのも良いですね。飲み物やお弁当などは、こちらで購入する事もできます。

美味しいものを頂いて、綺麗な桜を見て。

お花見には最高の場所、「斐伊川堤防桜並木」です。

また来年も、「雲南市桜まつり」が開催される頃に訪れたいですね。


-満開の斐伊川堤防桜並木&お花見車中泊キャンプ- (2019/04/06)

↓どれか1つのクリックが、ブログ更新の励みになります↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
※いつも有難うございます