焼酎1杯100円!雨でも傘さして焼酎ひろばで呑む阿呆(笑) -ひろしまフードフェスティバル2017- (2017/10/28)

「ひろしまフードフェスティバル」で購入した「牛コウネの炙り焼き」。コリコリ食感で甘く、メチャメチャ美味しかったですね。聞くところによると牛コウネは、広島以外ではなかなか食す事ができない部位なのだとか。

まあ、広島でもエーコープなど、一部のスーパーを除いては店頭に並んでいるのはあまり見かけませんからね。食せるのはもっぱら、焼肉屋などの飲食店。こういったイベント等で見つけると、即購入!といった感じになっています。


この日はその貴重なコウネをさらに追加で購入し、レモンハイボールで一杯。もちろん、一杯だけで終わるわけはありませんので、日本酒も調達してきて飲み進めました(笑)

雨の中のフードフェスティバルでしたけど、「地産地消広場(中央公園)」の方ではイベント用のテントが立てられていて。椅子とテーブルもあったので、雨宿りをしつつ飲食を楽しむ事ができました。

「牛コウネの炙り焼き」以外では、「世羅牛の丸焼き」など。

これもまた、美味い!

で、この2品で肉づくしになったところで、他のグルメを調達しつつ、場所を移動する事に。

「地産地消広場(中央公園)」を後にし、広島城の会場をぐるっと時計回り、「海と山の幸広場」を通り抜けて「焼酎ひろば」へ。ここで再び、昼呑みを楽しむ事にしました。

こちらは先程の会場とは違って、テントがなくて雨宿りも不可。ですが、そんな事はお構いなし。濡れた椅子にビニール袋を敷いて座り、傘をさしてまで焼酎を飲もうとする阿呆二人組です(笑)

テーブルも雨でビチャビチャ。傘をさしていても食材などが濡れそうになるのですけどね。それでも、雨の中で食べる「揚げ物セット(500円)」は美味しかったな(笑)

前回の記事で「この時期はあまり食べない」と書いていた牡蠣も、カキフライとなれば話は別。美味しくいただきます(笑)

それプラス、小エビや小イワシの唐揚げなど。まさに瀬戸内づくしといった内容のアテでした。(これで500円は安い!)

因みに、昨年の記事でも書いたと思いますが、ここ「焼酎ひろば」では焼酎が一杯100円ポッキリで提供されています。もちろん、水割り、ロックのどちらでもOK。(お湯割りは無し)

今時、焼酎が一杯100円だなんて素晴らしすぎますよね。例えば、10杯飲んでも、1,000円!(笑)

焼酎の銘柄は、「霧島酒造」のブースで「黒霧島」と「白霧島」、「雲海酒造」のブースで「木挽」などを選べました。

で、この後奇跡がおきて。

ナント! 上空から一時的に、雨雲が消えたのです!

スマホで雨雲レーダーを見てみると、確かにこの周辺だけ雨雲が無し。という事でここからは、傘をささずに昼呑みを楽しむ事ができました。

こうなってくると、お客さんはどんどん増えてきて。ほぼ空席だったのが、あっという間に満席になりました(笑)

まあ、雨が降っても呑むアホは私達くらいですからね。雨が止んでから飲むのが普通なのではないでしょうか。

骨々亭のラーメン_171028

という事で、気持ちよく呑んだ後は「焼酎ひろば」を後にして。

「骨々亭」のブースで「ラーメン(750円)」を注文し、〆の一杯として頂きました。

こういった会場で750円とは随分強気な価格設定だな、とは思ったけど。本格的な豚骨スープで美味いので問題なし。呑んだ後のラーメンって、なんでこんなに美味しいんでしょうね。

※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク




ランキング参加中
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ